ニュース

2012/06/25

昭和レトロ見納め「焼き鳥のいせや公園店」が建て替えへ

昭和レトロ見納め「焼き鳥のいせや公園店」が建て替えへ

吉祥寺駅南口、丸井の脇をぬけた井の頭公園の入り口近くにあるのが焼き鳥の「いせや公園店」。昼近くなると、前の通りにもくもくと焼き鳥を焼く煙がたちこめる。

店内は早々の一杯でくつろぐサラリーマンもちらほら。公園に遊びに来たファミリー、ご近所の主婦が焼き鳥をテイクアウトする姿や、おやつ代わりに1本ほおばる子どもの姿も見られる。

吉祥寺の名物ともいえるこの人気店だが、ついに7月8日の営業で一旦閉店することになった。老朽化が進んでおり、昨年の東日本大震災で壁に亀裂ができたことや、隣接の七井橋通りの拡張計画もあり、建て直しが決定。隣のアイスクリーム店「ドナテロウズ」はすでに閉店している。

「いせや」は1928(昭和3)年の創業で当初は精肉店。58年に立ち飲みを中心とした焼き鳥屋に衣替えした。安くてうまいと評判を呼び、60年4月「総本店」(同市御殿山1丁目)に続きここ、「公園店」がオープンした。

1階はカウンター、2階は大宴会も可能な座敷の木造2階建て。間口2間ほどの小さな店内は増築を重ね、約300余席となっている。消費税が導入された89年から価格据え置きの焼き鳥は1本80円。大衆的なこの店を愛するアーティストや文化人も多く、ホッピー片手に熱く議論をする人たちがいれば、カウンターの隣の席でミュージシャンの高田渡さんが飲んでいた、ということもあった。

2006年に建て替えのため閉店した「総本店」と同様、吉祥寺の名物ともいえるこの店の建て替えには惜しむ声も多いが、1年後に完成予定の新店舗は地下1階地上2階建て、面影は残しつつ、公園側がガラス張りの店となる計画。建設中は吉祥寺駅北口側の仮店舗で8月から営業が開始される予定だ。

この店の思い出に浸る人や、体験したことのない昭和に触れようとする人々で、週末などは行列ができている。それぞれの昭和がまた一つ消えようとしている。

株式会社いせや総本店「公園店」
住所:武蔵野市吉祥寺南町1-15-8
電話:0422-43-2806
営業時間:12:00-22:00
定休日:月曜日

ノーブルウェブ

特集コラム

新しい「価値」と「可能性」を秘めたマジェルカ

2014/12/01

新しい「価値」と「可能性」を秘めたマジェルカ

吹きガラスの一輪ざしや、ファッション雑貨、子供向け雑貨…。 いろんなジ…

続きを読んでみる

ドーナッツプラント・吉祥寺店

2014/10/17

ドーナッツプラント・吉祥寺店

不思議な深夜営業の理由って?! 深夜、急に食べたくなるモノってありませんか?ラーメンだったりカレ…

続きを読んでみる

モヤモヤさま~ず2「吉祥寺周辺編」

2014/09/17

前回放送されたのは4年前、2010年だった。キラリナ京王吉祥寺が工事中の頃。今回、4年ぶりの吉祥…

続きを読んでみる

ライター募集