特集コラム

Column 2 吉祥寺のおみせ

吉祥寺のおみせ
2011/05/10

ソリウッド・クラフィス

木を知り尽くした匠が作る、一枚板のテーブル。

「無垢(ソリッド)の木(ウッド)」という名前を持つインテリアショプ「ソリウッド・クラフィス」。ここには、心から木を愛する人たちが作る家具がある。

column2016_01.jpg

爽やかな木の香りをまとっている机や本棚、そして椅子。陽の光の中にそっと置かれた家具は、どれもやさしく丸みを帯びていて美しい。
中でもひと際目を引くのが、木の皮をサイドにそのまま活かした一枚板のテーブルだ。このテーブルは、継ぎ目がない分丈夫で長持ちするのだが、大きければ大きいほど作るのは難しくなる。
穴が開いていないか、変色はないか・・・切り出す前にそれを見極めるには、長年の経験が不可欠だからだ。

column2016_02.jpg

もともと「ソリウッド・クラフィス」は約30年前から吉祥寺にあった材木屋が始まり。その後「もっと若い人たちにも木の良さを伝えたい」という想いから、家具を作るようになり、今は工房を相模原に移して「木のある生活」を発信し続けている。
世界に一つしかない一枚板のテーブルは、30年間木と向き合ってきたこの店だからこそ生み出せる至高の逸品なのだ。

他にも、既製品以外の家具も注文することも可能。ショールームにある家具を参考に大きさや奥行きなどを決め、木材をナラ、タモ、ウォルナット(写真)、チェリー、メープルの5種類から選べば、いつまでも使えるお気に入りの一品に仕上げてくれる。これも、木を知る職人がいるからこその魅力なのだ。

「端材」を使った素朴な雑貨で、木のすべてを楽しむ。

column2016_03.jpg

家具として使う木材を切り出した残りの木「端材(はざい)」も、ここでは素敵なインテリアに生まれ変わる。木目を活かした写真立て、小物や鍋も置ける木片、穴や節を個性とした一輪挿しはどれも一点もの。無駄をださず環境にもやさしい小さな雑貨たちは、普段の生活にささやかな癒しを与えてくれそうだ。

スピードのある生活の中で、ちょっと立ち止まることができる部屋を作りたい。そんな時は、木の魅力を余すところなく伝えてくれるこのショップに足を運んでみてほしい。

ソリウッド・クラフィス
http://www.soliwood.com/
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-3
電話:0422-21-8487
営業時間:13:00-18:00
定休日:火曜日・水曜日

文・取材 / 赤井恒平
ノーブルウェブ

特集コラム

新しい「価値」と「可能性」を秘めたマジェルカ

2014/12/01

新しい「価値」と「可能性」を秘めたマジェルカ

吹きガラスの一輪ざしや、ファッション雑貨、子供向け雑貨…。 いろんなジ…

続きを読んでみる

ドーナッツプラント・吉祥寺店

2014/10/17

ドーナッツプラント・吉祥寺店

不思議な深夜営業の理由って?! 深夜、急に食べたくなるモノってありませんか?ラーメンだったりカレ…

続きを読んでみる

モヤモヤさま~ず2「吉祥寺周辺編」

2014/09/17

前回放送されたのは4年前、2010年だった。キラリナ京王吉祥寺が工事中の頃。今回、4年ぶりの吉祥…

続きを読んでみる

ライター募集