特集コラム

Column 4 吉祥寺のカフェ

吉祥寺のカフェ
2011/02/25

Bo-peep(ボーピープ)

ちいさなお菓子屋さんが作る、普段着のおやつ。

column4006_03.jpg

肩の力をふっと抜いてくれる3時のおやつ。ここは、そんな言葉がぴったりなお店。

入ってすぐ左にあるケースの中をのぞくと、ショートケーキ(400円)やシュークリーム(180円)、一口サイズの焼菓子など、誰もが一度は食べたことのあるお菓子たちが並んでいる。

 

column4006_01.jpg

小さい頃からお菓子が大好きだったというオーナーの大熊さんが使うのは、ごくごく基本の材料と、昔から伝えられてきたレシピ。とてもシンプルだからこそ、家で作ったお菓子のようにいつ食べてもおいしくて、ほっとさせてくれる味わいが生まれるのだ。

お店の名前が、イギリスの童謡に出てくる羊飼いの女の子と同じなのは、「今までもこれから先も愛され続けるように」という思いが込められているからなのかも。

「綺麗でおいしいスイーツなら、私より上手に作れる人がたくさんいますよ」と、笑いながら語る大熊さんが作るお菓子は、洗練されたスイーツというわけではないけれど、小さい頃味わった幸せを思い出させてくれる。

定番のおやつは、相性抜群のコーヒーと共に。

column4006_02.jpg

おやつの時間をより華やかなものにしてくれるコーヒーを担当するのは木村さん。 注文すると挽きたての豆を一杯一杯ていねいに淹れてくれる。
ブレンドコーヒー(480円)は、深煎り・中煎り、濃いめ・薄めの組み合わせが違う4種類があるので、一緒のお菓子に合わせて選べるのも嬉しい。

休日の昼下がりに、お店の奥にある静かなテーブル席でゆっくり味わってみては(席についたら、壁にある額縁の中にいる11匹の羊に注目してみよう。何かを持っている羊が見つかるかも!?)。

「通り道じゃなかったんだけど、何となく来たくなっちゃって」なんてお客さんもいるほどの人気店。その秘密は、お菓子とコーヒーが作ってくれる幸せな時間にあるのかもしれない。

Bo-peep(ボーピープ)
http://www.bo-peep-kichijoji.com/
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-17 吉祥寺ビル1F
電話:0422-21-7747
営業時間:8:00-20:00(イートインは19:30L.O.)
定休日:木曜日

文・取材 / 赤井恒平
ノーブルウェブ

特集コラム

新しい「価値」と「可能性」を秘めたマジェルカ

2014/12/01

新しい「価値」と「可能性」を秘めたマジェルカ

吹きガラスの一輪ざしや、ファッション雑貨、子供向け雑貨…。 いろんなジ…

続きを読んでみる

ドーナッツプラント・吉祥寺店

2014/10/17

ドーナッツプラント・吉祥寺店

不思議な深夜営業の理由って?! 深夜、急に食べたくなるモノってありませんか?ラーメンだったりカレ…

続きを読んでみる

モヤモヤさま~ず2「吉祥寺周辺編」

2014/09/17

前回放送されたのは4年前、2010年だった。キラリナ京王吉祥寺が工事中の頃。今回、4年ぶりの吉祥…

続きを読んでみる

ライター募集